探偵コラム

愛媛 浮気調査

探偵コラム12

書籍やドラマでよく目にする探偵とは、調査対象のプライバシーを水面下で探し回ったり、罪に問われている犯人を追跡し探し出したりすることを生業とする者、及びそれらの行動をさします。結局のところ長年実績を積み重ねてきた探偵社が安心して勧められます。夫の浮気を清算する手段としては、まずは信用のおける探偵社に浮...

≫続きを読む

探偵コラム11

浮気や不倫に関しての調査を頼む立場としては、1つに決める前に何か所かの業者に見積もりの提出をお願いする「相見積」ということで何軒かの事務所に完全に同一の内容で見積書を提示してもらい詳細に検討することが合理的です。不倫に関しては民法第770条に定められた離婚事由になり、平和な家庭生活が壊されたのなら夫...

≫続きを読む

探偵コラム10

プロが実施する浮気調査とは、張り込みや尾行調査を行って行動を把握し依頼に応じてカメラあるいはビデオでの証拠の撮影によって、浮気等の不貞行為の動かぬ証拠を獲得し最終的に報告書を作成するのがだいたいの一連の流れです。浮気調査のための着手金を通常では考えられない安い値段にしているところも怪しげな調査会社だ...

≫続きを読む

探偵コラム9

探偵事務所に調べてもらおうと決めたとして、格安を謳っているとか、事務所の見かけが大きい感じだからなどといった第一印象を判断材料にはしない方が適切です。不倫に関しては民法第770条で挙げられている離婚事由に当たり、家庭が壊れた場合結婚相手に裁判を起こされるケースも多々あり、慰謝料の支払い等の民事責任と...

≫続きを読む

探偵コラム8

近頃の30前後の女の人は未婚の方もかなりいますし以前とは倫理観が異なっているので、不倫をすることへの負い目というものが殆どないので、女性が多くいる勤め先というのはリスクが高いと言えます。40代から50代の男性の多くはすでに家庭を持っていますが、家の問題や仕事のストレスで気力を失っていたとしても若くて...

≫続きを読む

探偵コラム7

浮気と言うのは夫婦の問題としてのみあるのではなく、男女交際に関して公認の恋人とされる人物と付き合っているという事実を保ちつつ、断りもなく恋人以外の異性と付き合う状態をいいます。誰でもスマートフォンを持つようになったので、出会い系アプリやmixiやfacebookに代表されるSNSで楽に会ったこともな...

≫続きを読む

探偵コラム6

調査会社は調査にかかる費用と調査技術のレベルが比例関係にないことが相当たくさん見られるので、ネット上に数ある比較サイトなどを上手に利用して数多くの調査会社を比較検討することか肝要です。浮気調査の依頼をするかどうかはまだ決めていなくても、冷静にご主人の疑わしいふるまいを調査会社に相談してみて、浮気とい...

≫続きを読む

探偵コラム5

探偵事務所や興信所は全国に星の数ほどあって、会社のスケール・探偵調査員の数・コストも千差万別です。長年実績を積み重ねてきた探偵社を選択するか新設の探偵事務所に依頼するか、決定権はあなたにあります。浮気とは異性とするものという思い込みがありますが、実際にはその対象となる人物は異性のみになるというわけで...

≫続きを読む

探偵コラム4

クライアントにとって重要なのは、調査に必要な機材・機器や調査スタッフの能力が高水準であり、適切な価格設定で嘘偽りがなく真摯に調査にあたってくれる探偵事務所です。セックスレスとなってしまう原因は、奥さんの方が仕事、家庭、育児などに手一杯になり、夫婦だけで過ごす時間的な余裕がとれないなどの余裕のなさが諸...

≫続きを読む

探偵コラム3

浮気に関する調査をミスなく実行することはその道のプロならば言うまでもないことですが、やる前から100%の成功が確信できる調査はどこにも存在し得ないのです。業者ごとに差がありますが、浮気についての調査料金をはじき出す計算方法は、1日あたり3〜5時間の業務、探偵の人数が2〜3人、遂行が困難と思われる場合...

≫続きを読む

探偵コラム2

裁判の時に、証拠として使えないということになったら調査にかけた苦労が報われないので、「勝てる報告書」を制作できるレベルの高い調査会社を選択することがとても大事です。自身のパートナーと浮気をした相手に慰謝料請求を行う目的があるのであれば、相手の正確な連絡先がはっきりしていない状況では要求することができ...

≫続きを読む

探偵コラム1

パートナーの不倫行為に関して訝しく思った時に、激怒して冷静さを失って目の前の相手をきつく問い詰めてしまいそうになるものですが、このような早まった行動はやめた方がいいです。浮気をしている相手が誰であるかがわかれば、有責の配偶者に慰謝料などの支払い等を請求するのはもちろんですが、浮気の相手へも損害賠償や...

≫続きを読む