探偵コラム2

探偵コラム2

探偵コラム2

裁判の時に、証拠として使えないということになったら調査にかけた苦労が報われないので、「勝てる報告書」を制作できるレベルの高い調査会社を選択することがとても大事です。自身のパートナーと浮気をした相手に慰謝料請求を行う目的があるのであれば、相手の正確な連絡先がはっきりしていない状況では要求することができませんし、相手の財力や社会的地位なども慰謝料請求額と深く関係していることから探偵による正確な情報収集が必然となります。浮気調査で他社と比較して甚だしく安い価格を強調している探偵事務所は、知識のないずぶの素人やアルバイトで募集した大学生をスタッフとしているのではないかと疑ってしまいます。調査会社は調査中に無意味な延長調査をし割高な延長料金を要求することがあるので、どのような時に追加料金が発生するのか明確にしておきましょう。不倫行為については民法第770条の法的な離婚事由という項目に認められ、不倫により家庭が崩壊したのであれば婚姻の相手に提訴されるケースも多々あり、謝罪や慰謝料等の民法に基づく責任を追及されることになります。

探偵コラム2関連ページ

探偵コラム12
説明文12
探偵コラム11
説明文11
探偵コラム10
説明文10
探偵コラム9
説明文9
探偵コラム8
説明文8
探偵コラム7
説明文7
探偵コラム6
説明文6
探偵コラム5
説明文5
探偵コラム4
説明文4
探偵コラム3
説明文3
探偵コラム1
説明文1