探偵コラム5

探偵コラム5

探偵コラム5

探偵事務所や興信所は全国に星の数ほどあって、会社のスケール・探偵調査員の数・コストも千差万別です。長年実績を積み重ねてきた探偵社を選択するか新設の探偵事務所に依頼するか、決定権はあなたにあります。浮気とは異性とするものという思い込みがありますが、実際にはその対象となる人物は異性のみになるというわけでは必ずしもありません。たまに男性同士または女性同士でも浮気と指摘することができる関係は十分に可能です。不倫という行為は民法第770条の法的な離婚事由という項目に当たり、不倫により家庭が崩壊したのであれば結婚相手に裁判を起こされる可能性があり、謝罪や慰謝料等の民法に基づく責任を負うことになります。調査を行う上で欠かせない張り込みや尾行調査が軽犯罪法違反となる「付きまとい」に当たると認定される恐れもあったりするなど、調査業務の実行には思慮深い行動と確実な技量が期待されます。探偵により呈示された浮気についての調査報告書は最後の奥の手となるため、出すタイミングをミスしてしまうと慰謝料の金額が洒落にならないくらい変わるので注意深く事に当たった方が首尾よくいくと思われます。

探偵コラム5関連ページ

探偵コラム12
説明文12
探偵コラム11
説明文11
探偵コラム10
説明文10
探偵コラム9
説明文9
探偵コラム8
説明文8
探偵コラム7
説明文7
探偵コラム6
説明文6
探偵コラム4
説明文4
探偵コラム3
説明文3
探偵コラム2
説明文2
探偵コラム1
説明文1